悩みタイトル

5月病の症状として考えられるのが
やる気が出ない
身体の重怠さ
常にある眠気
古傷の痛み
頭痛
などが考えられます。
これ等の症状は自律神経の乱れ、身体の傷の痛みが強くなる事があります。雨の日に頭痛がするなどの症状がでるかたは、特に五月病を感じやすいと思います。睡眠が取れていなかったり不規則な食生活や運動不足等でも五月病には、なりやすいです。精神的なもでもなりやすく強いストレスや不安感心が不安定になっても落ち要りやす症状です。

5月病に対する当院の考え

当院の考えとしては、気圧に負けない身体を作る事、自律神経の乱れを直すことで5月病を改善出来ます。理由として5.6月の天候の不安定にあります。
気圧の変動は、人体にも影響を与え特に疲労や怪我をしていると感じやすいです。
なぜ気圧が関係してくるかと言うと人体の60%が水分で出来てきているからです。水分は気圧により霧になったり、雨になったりするのは、ご存じだと思います。なので人体の60%が水分なので気圧に左右されやすいのも分かると思います。なのでそれに左右されない身体を作る事と自律神経を整えることが大切になってきます。

5月病を放っておくとどうなるのか

五月病を放っておくと何が起こるかご存じな人は、少ないと思います。五月病は、自律神経失調症の一部なので放っておくと不眠症、冷え性、過敏症、常時の倦怠感、強い肩凝り、頭痛、吐き気、内臓疾患、等どれも自律神経の乱れが強くなると起きうる症状です。更に放っておくとこの症状は、直りにくくなり天気が少し崩れるだけでも頭痛がしたり、少し動いただけでも疲れが取れなかったりの症状が残ってしまうようになります。最悪なのは、内臓の働きが弱くなり病気になってしまい入院や頭痛が抜けなくなりなにもない時でも痛くなってしまい薬では直せなくなることだと思います。

5月病の改善方法

症状により改善方が違って来ます。何故ならば気圧によって生じる症状は、身体の弱っているところから来るものだからです。
そうしましたら特に多くなる自律神経の乱れからご説明します。改善方としてはまず身体を暖める事から始めましょう自律神経は、疲れていたり寒暖差が激しかったりすると乱れやすくなってしまいます。他にもしっかりとした睡眠も有効です。強いストレスや頭痛が出る方等は汗が出るくらいの運動をしてみるといいかもしれません全体的に血流が悪くなっているのもありますがストレスを発散させるのは、身体を動かす事です。また動くのが辛い方は、大声を出すのも発散方法の一つですのでやってみてください

5月病の改善に効果的な当院の施術メニューは?

当院では、まずどの症状が強いか、自律神経なのか運動不足なのかそれとも身体が弱っているからなのかを見せて頂きそれにあった治療をさせて頂きます。
自律神経の乱れなら鍼治療や矯正治療をさせて頂きます。精神的ストレスや冷え性などの自律神経の乱れなら鍼治療が有効です。
身体の固さ姿勢から来る内臓の圧迫から来るストレスは矯正治療が有効になっております。
運動不足では、電気治療で筋肉をしっかりと動かし身体を鍛えて行けるのでそれぞれにあった治療をしていく事が大切になってきます。
この中でも症状に合わせ鍼治療でも種類がありますので見せて頂けると助かります。

その施術を受けるとどう楽になるのか

自律神経の乱れが改善するとスーと身体から力が抜けていく感覚になって行きます。
何故ならば自律神経が乱れていると知らないうちに力が入って常に緊張状態になっているからです。なので改善されると緊張感から解放されて力が抜けて行きます。
運動不足の改善では、身体の怠さや固さが改善されて行きます。少しの運動でも身体が痛くなったりすることがなくなり動く事で肩凝りや頭痛もスッキリとしていきます。姿勢の崩れから来ていたものは、便通が良くなったり呼吸がしやすくなったりします。

改善するために必要な施術頻度は?

明るい挨拶

治療に必要な頻度は、個人差があるのですが正確にこれが正しいとは、ありませんただ平均的に週2回位がいいとされています。理由として例を上げるなら、3日前の食事などすべてを覚えているかと聞かれると大半の方が覚えて無いです。治療も同じで3日程経つと治療で指摘されたこと忘れてしまう方が多いのです。なので日常生活で忘れてしまう前にまた治療をして思い出して頂くと効果を持続、出来るようになり怪我のしにくい身体作りができます。