むちうちなら新都心あじゃ接骨院

新都心あじゃ接骨院

スポーツ障害

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    野球をしていて肩が痛くてボールが投げれなくなる
    バットを振るときに腰がいたくて思ううようなスイングができなくなる
    肘が痛くて変化球が思うように投げれなくなる
    足を捻挫してしまい歩けなくなってしまう
    サッカーをしていてボールが蹴れなくなる
    膝がいたくて思うようなプレーができなくなる
    バスケをしていて手首が痛くてシュートが思うように打てない
    また膝が痛くてジャンプができない
    走っている時に脛の部分が痛くなり走れなくなる
    タックルをしたときに方が外れてしま他己とがある または骨が折れたことがある

  2. そもそもスポーツ障害とは?当院の考え

    明るい挨拶

    当院のスポーツ障害で一番多いのはスポーツ外傷は運動中に一時的に大きな力が加わって組織が損傷してしまう外傷が多いです。たとえばジャンプの着地に失敗して足首を捻挫したなどで、捻挫のほかに打撲、骨折、肉離れ、じん帯損傷などがあります。これに対してスポーツ障害は、何度も繰り返し強い力が加わる、高頻度高負荷で同じ部位に力が加わることで肩やひじ、ひざ、足首などに痛みをはじめ、症状が慢性的に続く状態をいいます。運動に伴う筋肉の伸縮やねじれ、骨での衝撃吸収などスポーツが体に与える力は大きく、野球肘、テニス肘、などと言われることもあり学生はそれを築かずに続けてしまい大きなけがに繋がってしまいます。 どうしても練習を休むとレギュラーから外されてしまう、レギュラーのチャンスがなくなってしまうと恐れてしまうかたが多いと思います。ですが無理をしてけがをするとそれこそレギュラーのチャンスを棒に振ってしまうことがあります。練習を休むこともひつようではあります。また早期に治療を行う事ができたらその分軟部組織の回復も早くなるので違和感が出始めたら一度相談をお願いします。

  3. スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    テニスをしている時に手首に痛みを感じたり、ランニングをしている時に関節が痛む、野球をしている時に肩に違和感があったりサッカーをしていて膝に痛みがでてしまう、このような経験はあるとおもいます。 スポーツの繰り返しが原因で、体に過度な負担がかかり、それによって起きる症状のことをスポーツ障害といいます。怪我とはまた別の症状が出るものですが、ちょっとした痛みがあるだけだから、と放置しておくとスポーツができなくなるだけでなく、手術が必要な事態にまで悪化してしまうことがあります。 あとは後遺症が残り日常生活に支障がでてしまう。 一番怖いのがしびれや半身不随、体が思うようにうごかなくなったります 疲労骨折だと骨は折れていないのですが筋肉の負担が多くなり痛くて歩けなくなってしまうケースも多いです。こうならないためにも治療や運動前のストレッチが必要になります。

  4. スポーツ障害にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    基本的には関節からきているのか筋肉の硬さからきているのかで行う治療が変わってきます。 筋肉から痛みがきている場合は鍼の治療や筋膜ストレッチで筋肉を柔らかくできます。 また関節から来ている場合は電気治療(ハイボルテージ、EMS)や骨格の矯正治療をおこなっています。 矯正治療では関節を正しい位置に戻すことができます。 また柔整マッサージ(指圧)でも筋肉をゆるめていきます。 また当院でのスポーツ障害の理想の治療プランですとまずは筋肉もしくわ関節の痛みをとる電気、鍼、筋膜ストレッチで痛みをとった後に関節を正しい位置にするのと体のバランスを整えるのが今後そういった痛みがでずらい体作りをしていく事が理想です。 あとは大会中であればテーピングで関節、筋肉の補助をしていき大会でも間に合わせる施術を行っています。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    明るい挨拶

    鍼治療を行うと筋肉の硬さをとるだけではなく痛みの細胞のレベルを下げる効果があります。そして鍼の治療を続けていくと筋肉の質が変わってきます。変わる期間として90日から240日で変わってきます90日ぐらいで筋肉の質がかわります。またそれを続けていくと柔らかい筋肉を手に入れることができます。 電気治療を行うと関節の予防だけではなく関節を強くする効果もあります。 膝に水がたまるときでも電気を当て続けると水がひくこともあります。 また矯正治療をすると関節の予防だけでなく痛みが出ずらい体になっていきます。なのでケガをしてもう治らないと思ってしまったかたは今からでも遅くはないです。治療をやめないこと、あきらめないことが大事になってきます。 まずは外傷に困っているスポーツをやっている学生や社会人の方は当院で治療を受けてみてください。痛みが取れる解放感や感動を与えられるように日々勉強を怠らずに取り組んでいます。

  6. 改善するための通院(施術)頻度は?

    明るい挨拶

    改善するためにはまずは炎症があるかないかで頻度が変わったりけがをしてから何日経ったかそこでも変わってきます。 炎症が強く出ているときは毎日やるのが一番いいです。なぜなら外傷はほおっておくと後遺症がでやすくなります。週に1回や2週間に1回になるとほとんど改善することはないと思います。 最低でも週に2回は絶対に必要になります。 捻挫や打撲で軽い症状だと1か月でほとんど痛みがなくなります。 ですが重度だと3か月はかかります。

▲ページの先頭へ戻る

新都心あじゃ接骨院のご案内

【住所】〒900-0003 沖縄県那覇市安謝1丁目3-2川端福寿マンション101
【電話】TEL:098-943-5554

新都心あじゃ接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00~12:00 8:30~12:30
15:00~20:30 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図
  

駐車場7台あります。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

【公共交通機関でお越しの場合】
●電車をご利用の場合
ゆいレール「古島駅」 徒歩15分
ゆいレール「おもろまち駅」 徒歩15分

●バスをご利用の場合
安謝一丁目バス停から徒歩1分

【お車でお車でお越しの場合】
●国道330号線をご利用の場合、安里交差点から浦添向けに直進し、真嘉比交差点(左角に給油所)を左折、直進します。
左手に新都心公園、さらに直進し、右手にファミリーマート、左手に那覇国際高校の向かい側にございます。

●国道58号をご利用の場合、那覇空港を那覇市街地方面へ進行して、旭橋交差点より直進すると国道58号線に入ります。
国道58号線を北上し、直進すると泊交差点がありますのでさらに直進。
天久三叉路を右折し、800mほど直進すると右手に那覇国際高校、その手前にあります。

銘苅、宮城、大謝名、古島、真嘉比など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する