当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

むちうちなら新都心あじゃ接骨院

新都心あじゃ接骨院

食事の時のトラブルである顎関節症は整骨院で解消しよう

こんにちは。
食事の時に口を開けるとカクンと音が鳴る、顎がだるい、口を大きく開けると痛い、
食べ物を噛む時に違和感、口がスムーズに開かない、口を大きく開ける事が出来ない
などの症状に悩んでいませんか。
これらの症状がみられる時、それは「顎関節症」かもしれません。顎関節症とは
顎の骨やその周りの筋肉や神経、骨などがさまざまな原因で動きにくくなる、
痛みを感じる病気です。
顎関節は、側頭骨のくぼみに下顎頭が入り込んで関節円板というクッションの役割を
担っている組織が間に挟まっています。
この関節円板は、口を動かす時に重要な役割を担っています。口を開ける時、
下顎頭と一緒に前に出ます。閉じる時は一緒に後ろに戻るのですが、下顎頭と一緒に
動く事で食事など口を開けて噛むという動作で側頭骨にかかる負担を軽減して
いるのです。
しかし、関節円板がずれてしまうと口を開ける時にカクンと音が鳴り、
口が開けられない、口を開けるとき耳の前が痛いなどの症状が起きてしまいます。
また、顎関節症が原因で頭痛や肩こり、倦怠感、めまい、耳鳴り、鼻が詰まる、
歯の痛み、味覚障害、目が疲れるなどの症状も起きます。さらに進行すると
呼吸困難や身体のしびれなどとても危険な状態になるのです。
顎関節症の原因として精神的なストレス、就寝時などの歯ぎしり、歯の治療や
入れ歯が合っておらず噛み合わせが悪い、外傷、左右どちらかで食べる癖がある、
猫背など悪い姿勢、肘をつくなど原因はさまざまです。
では、顎関節症を改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。顎関節症は
整骨院で治療する事が出来ます。
整骨院では、身体の歪みに着目します。特に首の歪みは、顎関節症の元になるので
首の歪みを正常に戻して顎の動きも正常に戻します。顎の動きが正常になると
顎関節症は、改善されていきます。
また、猫背などの悪い姿勢により頭の位置がずれる事で顎の骨もずれてしまいます。
そこで整骨院では全身のバランスをチェックし、歪んでいる場合は骨や関節の歪みを
直し、バランスを整えます。バランスを整える事で骨や関節は正常な位置に戻り、
顎の動きもスムーズになって顎関節症が改善されます。
当院では、患者様お一人お一人にじっくりとカウンセリングを行い、
顎関節症になった原因を徹底的に解明します。
そして、治療後も顎関節症を再発しないために日常生活の改善の指導も行っております。
知らず知らずのうちに顎関節症の原因になる癖を行っている場合もあるので
カウンセリングも丁寧に行い、患者様の些細な癖も見つけます。
顎関節症は、整骨院で改善する事が出来ます。顎が痛くて口も大きく開けられないと
食事も楽しめませんよね。顎関節症を改善して美味しく食事をしましょう。
新都心あじゃ接骨院
沖縄県那覇市安謝1丁目3-2川端福寿マンション101
TEL 098-943-5554

▲ページの先頭へ戻る

新都心あじゃ接骨院のご案内

【住所】〒900-0003 沖縄県那覇市安謝1丁目3-2川端福寿マンション101
【電話】TEL:098-943-5554

新都心あじゃ接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00~12:00 8:30~12:30
15:00~20:30 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図
  

駐車場7台あります。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

【公共交通機関でお越しの場合】
●電車をご利用の場合
ゆいレール「古島駅」 徒歩15分
ゆいレール「おもろまち駅」 徒歩15分

●バスをご利用の場合
安謝一丁目バス停から徒歩1分

【お車でお車でお越しの場合】
●国道330号線をご利用の場合、安里交差点から浦添向けに直進し、真嘉比交差点(左角に給油所)を左折、直進します。
左手に新都心公園、さらに直進し、右手にファミリーマート、左手に那覇国際高校の向かい側にございます。

●国道58号をご利用の場合、那覇空港を那覇市街地方面へ進行して、旭橋交差点より直進すると国道58号線に入ります。
国道58号線を北上し、直進すると泊交差点がありますのでさらに直進。
天久三叉路を右折し、800mほど直進すると右手に那覇国際高校、その手前にあります。

銘苅、宮城、大謝名、古島、真嘉比など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る