当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

むちうちなら新都心あじゃ接骨院

新都心あじゃ接骨院

交通事故での足のけが(怪我)|安謝市

交通事故後に多い症状は、むちうち(ムチ打ち)・頭痛・吐き気・めまい・手の痺れ・腰の痛みなどが挙げられますが、実は足のケガが多いのです。
足のケガで多い症状と治療法について説明いたします。
1.内側々副靭帯損傷(MCL)とは?
症状:膝の外側から強い力が加わり起こります。
簡単に説明しますと、膝が外に向かないように支えている堅いゴムが伸ばされて傷ついている状態です。
しっかり固定しないと、膝がグラグラになってしまいます。
治療:内側々副靭帯損傷の治療は基本的にはギブス・サポーターなどで治療を行います。
当院では、炎症が引くまでは、包帯による圧迫固定をし、炎症が治まってきましたら、鍼治療
マッサージ療法・関節の矯正を行います。
2.半月板損傷とは?
半月板損傷とは、膝に無理な力がかかった時に、その力に耐え切れず半月板が断裂、潰れたり損傷することです。
症状:痛み・腫れる・水が溜まったりします。
病院では、手術で半月板をとったり縫合などを行いますが、手術後に運動機能が回復しない例もあります。
治療:当院では、マッサージにより、膝周辺の筋肉の緊張をとり半月板への圧力を軽くし関節の接合面を整えます。
これにより、手術をすることなく、損傷した半月板の回復を促進させます。
3.十字靱帯損傷(ACL)とは?
症状:膝関節の痛み・腫れ・運動障害・関節内血腫などが挙げられます。
時間が経過すると、膝がグラグラしたり膝に力が入らない、膝が腫れて熱を持ったりします。
治療:十字靱帯損傷は、断裂してしまうと断裂部を縫合して治すことは出来ませんので、病院では、靭帯再建術を
行いますが、大きな手術とリハビリに長期間かかってしまいます。
当院では、硬性装具とサポーターで固定・膝周辺の筋力強化により膝の動きを良くしていきます。
4.足関節捻挫とは?
症状:大抵は、足首の捻挫で、捻挫の程度により痛みや腫れが見られます。
足首の外側にある線維が伸ばされて、部分断裂し、外のくるぶしの下に痛みが出てくるのが特徴です。
靭帯が断裂してしまった場合は、足首を上手く動かせなくなってしまいます。
治療:運動は停止していただき、安静にしてください。
痛みがひいた後にマッサージ、電気治療による血流改善とストレッチを行います。
足関節捻挫の治療で最も大事なことは、いかに早く治療できるかどうかです。
足首を捻ったら、まずはご相談ください。
交通事故治療について詳しく見る>>
沖縄県那覇市安謝1丁目3-2川端福寿マンション101
TEL 098-943-5554
新都心あじゃ接骨院

▲ページの先頭へ戻る

新都心あじゃ接骨院のご案内

【住所】〒900-0003 沖縄県那覇市安謝1丁目3-2川端福寿マンション101
【電話】TEL:098-943-5554

新都心あじゃ接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00~12:00 8:30~12:30
15:00~20:30 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図
  

駐車場7台あります。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

【公共交通機関でお越しの場合】
●電車をご利用の場合
ゆいレール「古島駅」 徒歩15分
ゆいレール「おもろまち駅」 徒歩15分

●バスをご利用の場合
安謝一丁目バス停から徒歩1分

【お車でお車でお越しの場合】
●国道330号線をご利用の場合、安里交差点から浦添向けに直進し、真嘉比交差点(左角に給油所)を左折、直進します。
左手に新都心公園、さらに直進し、右手にファミリーマート、左手に那覇国際高校の向かい側にございます。

●国道58号をご利用の場合、那覇空港を那覇市街地方面へ進行して、旭橋交差点より直進すると国道58号線に入ります。
国道58号線を北上し、直進すると泊交差点がありますのでさらに直進。
天久三叉路を右折し、800mほど直進すると右手に那覇国際高校、その手前にあります。

銘苅、宮城、大謝名、古島、真嘉比など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る